THE古墳

箸墓近くに「卑弥呼の宮殿」邪馬台国は纒向か

邪馬台国(やまたいこく)の時代にあたる3世紀後半に築造された箸墓古墳(奈良県桜井市、墳丘長約280メートル)。当時としては最大規模の前方後円墳で、この被葬者が倭国(日本列島)を統治した「大王」とされる。この大王の都が、すぐ北側に広がる纒向(まきむく)遺跡(同市)で、邪馬台国の有力候補地。平成21年に見つかった大型建物跡は「卑弥呼の宮殿か」と話題を集め、畿内説が勢いづいた。昭和46年に始まった同遺跡の発掘は今年でちょうど50年。長年の調査の蓄積が、古代史最大の謎解明へカギを握る。

東京のような大都市だった

46年当初から調査を担当したのが、同県立橿原考古学研究所元副所長の石野博信さん(87)。現場で着目したのが、大量に見つかったつぼや甕(かめ)など煮炊きや貯蔵用の日常の土器だった。一見すると同じような形だが、装飾などが奈良県内のものと少しずつ違っていた。

ランキング

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. オミクロン株、デルタ株検査であぶり出せ 市中感染封じ込めへ

  3. 【びっくりサイエンス】片頭痛の「敵」は日本人のある特徴だった

  4. 「発見!ふくしまお魚まつり」人気料理がお弁当に 福島・いわき「かに船」販売

  5. オミクロン株感染、都独自PCR検査で2日間で判明 ゲノム解析で監視徹底 都対策会議

  6. 【孤高の国母】(137)「御所は狙われている」B―29空襲で間一髪!

  7. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  8. 船の料理人「乗組員に元気届けたい」 海の安全食で支え

  9. 愛子さまご成年 両陛下 愛情注がれ

  10. 【TOKYOまち・ひと物語】障害児の育児「一人じゃない」 穐里明美さん