THE古墳

箸墓近くに「卑弥呼の宮殿」邪馬台国は纒向か

邪馬台国(やまたいこく)の時代にあたる3世紀後半に築造された箸墓古墳(奈良県桜井市、墳丘長約280メートル)。当時としては最大規模の前方後円墳で、この被葬者が倭国(日本列島)を統治した「大王」とされる。この大王の都が、すぐ北側に広がる纒向(まきむく)遺跡(同市)で、邪馬台国の有力候補地。平成21年に見つかった大型建物跡は「卑弥呼の宮殿か」と話題を集め、畿内説が勢いづいた。昭和46年に始まった同遺跡の発掘は今年でちょうど50年。長年の調査の蓄積が、古代史最大の謎解明へカギを握る。

東京のような大都市だった

46年当初から調査を担当したのが、同県立橿原考古学研究所元副所長の石野博信さん(87)。現場で着目したのが、大量に見つかったつぼや甕(かめ)など煮炊きや貯蔵用の日常の土器だった。一見すると同じような形だが、装飾などが奈良県内のものと少しずつ違っていた。

ランキング

  1. 太陽光計画に環境相意見、見直し初要求 土砂災害を懸念

  2. 俳優の梅沢武生氏死去 梅沢富美男氏の兄

  3. 緊急事態「年内に終わらせられる」 WHO事務局長が見解

  4. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(24) 「食」の力を実感「さくらの親子丼」

  5. 【つくりおき食堂まりえの○○しないレシピ】揚げない鶏のから揚げ風 忙しい朝のお弁当作りにも

  6. オミクロン株「ステルスクラスター」 無自覚でウイルス伝播か

  7. コロナ「5類」引き下げに賛否 専門家「体制整わず」、自治体「負担軽減期待」

  8. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(23)悲しみを忘れたかった母の代わりに

  9. 無料PCRに列 検査能力に不安「誰がなってもおかしくない」

  10. オミクロン株症状は のどに痛み、味覚障害少なく