大相撲とポケモンが協力 魅力発信、懸賞旗など登場

日本相撲協会は27日、ゲームなどで人気の「ポケットモンスター(ポケモン)」と協力し、両者の魅力を発信する取り組みを開始すると発表した。大相撲九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)では千秋楽にゲームの歴代パッケージを描いた懸賞旗が登場する。

来年1月の初場所(両国国技館)では懸賞旗の他、ポケモンのデザインをあしらった行司装束や化粧まわしがお披露目される予定。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「今回の取り組みをきっかけにより多くの人が相撲の魅力を知り、大相撲本場所を楽しんでもらえるようになれれば幸いです」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細