国連の台湾追放決議を「中国が悪用」 米重鎮議員が声明

【ワシントン=渡辺浩生】米上院外交委員会の重鎮、共和党のジム・リッシュ議員は26日、1971年に国連が台湾の追放を認めた「アルバニア決議」について、「中国は決議を使って台湾を国連や関係機関の参加から不当に排除するばかりか、台湾人が国連ビルに入ることも阻止している」との声明を発表した。50年後の今、決議は台湾の国連排除の理由には当たらないとの姿勢を示している。

アルバニア決議は中国の国連加盟と台湾の追放を求めたもので、1971年10月25日、賛成多数で可決された。台湾の代表は決議案の表決に先立ち、総会議場から退場、国連から脱退した。

リッシュ氏は「この恥ずべき台湾排除は国連設立時の理念そのものを弱体化させている」と指摘し、米国と同盟・友好諸国は台湾の国連参加を支援すべきだと訴えた。超党派の米国の呼びかけに、日本や欧州の対応も注目される。

■米国の台湾シフト鮮明 国連参加支持、対中包囲網と同時進行