岸田首相「共産含む政権、どんな外交になるか」 応援演説で立民批判

衆院選の街頭演説で野党を批判する岸田文雄首相=27日、東京都北区(市岡豊大撮影)
衆院選の街頭演説で野党を批判する岸田文雄首相=27日、東京都北区(市岡豊大撮影)

岸田文雄首相は27日午前、東京都北区のJR赤羽駅前で衆院選候補者の応援演説を行い、「共産党を含む政権ができたならば、どんな外交安全保障になってしまうのか」と述べ、共産党と連携する立憲民主党を暗に批判した。首相はこれまで選挙期間中に各地で行った応援演説で、両党の連携を前提とした批判はしていなかった。

この日の演説で首相は、北朝鮮の弾道ミサイル発射や中露艦艇による日本周辺海域での動きについて触れ、「こういったときこそ、しっかりとした外交安全保障を進めなければならないと強く感じている」と強調した。