無届けでキャンプした兵庫県警視を訓戒処分

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

外泊の届け出をせずに部下とキャンプをしたなどとして、兵庫県警が40代の男性警視を内規に基づく本部長訓戒処分にしていたことが27日、関係者への取材で分かった。処分は9月1日付。

関係者によると、警視は留置管理課に勤務していた昨秋、同課の部下数人とともに、外泊の届け出をせず県内のキャンプ場でバーベキューなどをし、宿泊した。当時、県警は職員に飲酒会合の自粛を指示していたが、警視は飲酒していたという。

また昨夏には、部下の課員2人に業務で過重な負担をさせたとしている。