フォト特集

コロナ抑え込みに躍起  27日で北京五輪へ100日

そり競技のテスト大会の会場で、PCR検査を受ける報道関係者ら=25日、北京市延慶区(共同)
そり競技のテスト大会の会場で、PCR検査を受ける報道関係者ら=25日、北京市延慶区(共同)

来年2月4日開幕の北京冬季五輪は27日で開幕まで100日。開催が続くテスト大会は、新型コロナウイルス対策のため選手を外部から隔離する「バブル方式」や、選手らへのワクチン接種の要求を先行実施した。北京を含む中国各地で感染者が増え始めており、政府は抑え込みに躍起となっている。

「PCR検査も毎日あり、安心して過ごせた」。北京北部の延慶で25、26日に開かれたボブスレーのテスト大会に出場した村上健二は、こう話した。公式練習のため5日に北京入りして以降は行動範囲は会場と宿舎に厳しく限定された。取材も通信回線経由だった。

そり競技のテスト大会の会場で、画面を通して選手を取材する記者ら=25日、北京市延慶区(共同)
そり競技のテスト大会の会場で、画面を通して選手を取材する記者ら=25日、北京市延慶区(共同)

日本の関係者によると、大会組織委員会は中国への出発14日前までにワクチン接種を済ませるよう選手や関係者に求め、未接種者には21日間の隔離を義務付けた。(北京共同)

そり競技のテスト大会の会場で、マスクとゴーグルを着用して警戒する武装警察の隊員=25日、北京市延慶区(共同)
そり競技のテスト大会の会場で、マスクとゴーグルを着用して警戒する武装警察の隊員=25日、北京市延慶区(共同)
新型コロナワクチンを接種するため列を作る市民=26日、北京(共同)
新型コロナワクチンを接種するため列を作る市民=26日、北京(共同)
新型コロナワクチンを接種するため列を作る市民=26日、北京(共同)
新型コロナワクチンを接種するため列を作る市民=26日、北京(共同)
北京市内にある北京冬季五輪・パラリンピックの公式ショップ=26日(共同)
北京市内にある北京冬季五輪・パラリンピックの公式ショップ=26日(共同)
公式ショップの入り口に置かれた北京冬季五輪のマスコット=26日、北京(共同)
公式ショップの入り口に置かれた北京冬季五輪のマスコット=26日、北京(共同)