緊急宣言中に練習、部員けが 県岐阜商野球部

岐阜県立岐阜商業高校の硬式野球部が、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、県教育委員会が部活動の原則休止を要請していた今年9月1日、自主練習をして部員がけがをしていたことが26日、学校などへの取材で分かった。

学校によると9月1日午後6時ごろ、同県美濃市の室内練習場で、打撃マシンにボールを入れていた1年の男子部員の額に、打ち返したボールが当たった。男子部員は、現場の指導者の判断により保護者の車で県内の病院に搬送。10日間入院したという。

男子部員は現在は部活動に参加している。学校側は、救急搬送しなかった理由について「意識があり受け答えができたため」と説明している。1日は午後3時半ごろから部員約20人と教員らでバッティングの自主練習をしていた。