漫画家の白土三平氏死去 「カムイ伝」

白土三平さん
白土三平さん

劇画「カムイ伝」などを手掛け、多くの後進漫画家に影響を与えた漫画家の白土三平(しらと・さんぺい=本名・岡本登=おかもと・のぼる)さんが8日、誤嚥性肺炎のため死去した。89歳だった。葬儀・告別式は近親者で行った。

紙芝居作家を経て昭和32年の「こがらし剣士」で漫画家デビュー。当初は貸本漫画を軸に執筆活動を展開し、忍者や剣客が登場する冒険活劇を次々に発表、戦国時代が舞台の長編「忍者武芸帳」で人気を確立した。

39年には「月刊漫画ガロ」の創刊に加わり「カムイ伝」の連載をスタート。運命にあらがう主人公らの姿が若者の心を捉えた。63年から別の漫画誌に続編「カムイ伝第二部」を執筆した。「サスケ」「シートン動物記」で講談社児童まんが賞を受賞した。