速報

速報

猟銃立てこもり、男の身柄確保

凶器は容疑者が持参か 20年前の広島主婦殺害

広島県福山市の住宅で平成13年、当時35歳の主婦が刺殺された事件で、凶器の果物ナイフは、広島県警が25日に殺人容疑で逮捕した同市の無職、竹森幸三容疑者(67)が持ってきたとみられることが26日、捜査関係者への取材で分かった。遺族は竹森容疑者とは面識がないと話しており、県警が詳しい経緯や動機を調べている。

被害女性は粘着テープで口がふさがれ、両手首を縛られていた痕跡があった。県警はナイフを準備していた可能性があることから、計画性の有無を調べる。

現場では容疑者のものとみられる足跡の一部も見つかり、捜査で市内のメーカーが製造した運動靴と一致した。ただ、ナイフと運動靴は大量に出回っているもので捜査は難航。県警は運動靴などの写真を公開して情報提供を求めていた。容疑者の自宅は現場から5キロほどの距離にある。