中露艦艇の列島周回に重大関心 茂木外相、両国へ伝達

茂木敏充外相
茂木敏充外相

茂木敏充外相は26日の記者会見で、中国とロシアの海軍艦艇が同時に日本列島をほぼ一周した行動に関し、外交ルートを通じて両国に申し入れたと明らかにした。「日本と地域の安全保障環境を踏まえ、重大な関心を持っている」と伝えた。

茂木氏は、中ロ艦艇が同時に津軽海峡と大隅海峡を通過したのを確認したのは今回が初めてだと指摘。「日本周辺での活動は、引き続き注視していく」と強調した。

中ロの海軍艦艇計10隻は、18日に津軽海峡を通過。太平洋を南下し、鹿児島県の大隅半島と種子島の間の大隅海峡を抜け、東シナ海に入った。

会員限定記事会員サービス詳細