スーダン軍発砲、7人死亡  クーデター抗議のデモ隊に

25日、スーダン首都ハルツームで、軍を非難し抗議する人々(AP=共同)
25日、スーダン首都ハルツームで、軍を非難し抗議する人々(AP=共同)

軍が首相らを拘束して権力を掌握したアフリカ北東部スーダンの首都ハルツームなどで25日、クーデターに抗議する数万人のデモ隊が軍部隊と衝突した。軍部隊は実弾を発砲し、ロイター通信は7人が死亡、140人が負傷したと伝えた。国際社会からは「民政移管の流れに逆行する」と非難が相次いだ。

25日、スーダン首都ハルツームで、軍に対し抗議する人々(AP=共同)
25日、スーダン首都ハルツームで、軍に対し抗議する人々(AP=共同)

ブリンケン米国務長官は25日「文民の指導者の拘束は容認できない」として釈放解放を求める声明を発表した。スーダンに対する7億ドル(約800億円)の援助を即時停止することも明らかにした。国連のグテレス事務総長は「軍事クーデターを非難する」と述べた。

発砲はハルツームの軍施設付近であった。全土に非常事態宣言が出され、軍は主要道路や橋を封鎖した。(カイロ共同)