現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

ノーベル物理学賞の政治利用憂う キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、杉山大志氏
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、杉山大志氏

今年のノーベル物理学賞に、真鍋淑郎先生=米プリンストン大学上席研究員=の受賞が決まった。地球温暖化の将来予測計算の先駆としての業績が認められた。筆者も真鍋先生の理論にはお世話になった。東大の理学部で物理学を学んだ大先輩でもある。真鍋先生を日本人として誇らしく思う。

だがいまや温暖化は科学というより政治問題になっている。今回の物理学賞も利用されている。

「科学」は決着したのか

ランキング

  1. 【大阪「正論」懇話会】中国の脅威に「経済と軍事の準同盟関係で対抗を」 評論家・江崎道朗氏 

  2. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  3. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  4. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  5. 【話の肖像画】歌手・石川さゆり<6>亡き恩師「未発表詞」とウクライナ

  6. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  7. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  8. 【正論】「抗がん剤効果少ない」との発表 高齢者がん治療方針を転換せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  9. 【美しき勁き国へ 櫻井よしこ】日中関係は相互主義で有料プラン記事

  10. 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(17)京城はなぜ100万都市に 「泥濘」から発展した日本人街