きれいのワンポイント

かかとの乾燥に「化粧水マスク」

今回は、前回紹介した指先の乾燥ケアに続き、足の乾燥ケアの方法をご提案します。

冬が近づくにつれて、気温や湿度が低下するため、足の指やかかとが硬く、ガサガサになりがちです。それでは、なぜ、かかとは硬くなるのでしょうか?

足の裏は皮脂を分泌する皮脂腺がなく、もともと乾燥しやすい部位です。さらに、全身の重みによる圧迫や、歩くときの摩擦などの過剰な刺激が加わることで肌の角層が厚くなります。空気が乾燥するこれからの時期は、放っておくと一層、硬くなりやすいので、こまめな保湿が大切です。

保湿ケアを行うタイミングは、肌がやわらかくなり、クリームなどのなじみがよくなるお風呂上がりが効果的です。お風呂から上がった後は肌の水分が逃げやすい状態になっているため、タオルで拭いた後、なるべく早めにボディークリームやオイルをつけるようにしましょう。

かかとの乾燥がひどく、さらに保湿をしたいという方は、ボディークリームやオイルをつける前に、コットンを使った「化粧水マスク」をおすすめします。

コットンに化粧水をたっぷり含ませたら、2枚に割きます。1枚ずつ、左右のかかとを包み込むように貼り、10分ほど置きましょう。

その後、コットンをはがしたら、ボディークリームやオイルを使って、手のひら全体でかかとを包み込むように、マッサージをしながらなじませます。マッサージをすることで、よりやわらかく、なめらかなかかとをキープしやすくなります。

また、足の甲は両手で大きな円を交互に描くようにもみほぐします。指はつけ根から指先に向かってさすり、力を抜いてつけ根に戻ります。

これからの季節も、乾燥知らずの潤った足元で過ごせたら、うれしいですね。

近藤尚子(こんどう・しょうこ) 百貨店などで店頭に立つビューティーコンサルタントの中から選抜され、高度な専門教育を受けた資生堂ビューティースペシャリスト。メークやスキンケアにとどまらず、健康やマナーについても幅広い知識を持つ。