九州場所へ合同稽古 横綱照富、両大関不参加

合同稽古で相撲を取る御嶽海(右)=両国国技館の相撲教習所
合同稽古で相撲を取る御嶽海(右)=両国国技館の相撲教習所

大相撲九州場所(11月14日初日、福岡国際センター)に向けた合同稽古が25日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まり、関脇御嶽海や成長株の平幕霧馬山ら9人の関取が汗を流した。白鵬(現間垣親方)の引退で一人横綱となった照ノ富士や、正代と貴景勝の両大関は不参加だった。

御嶽海は計4番。「久々の相撲だったから。徐々に(上げていく)。有意義な4日間にしていきたい」と先を見据えた。

右臀部の負傷で秋場所を途中休場し、平幕転落が決定的となっている小結高安は12勝2敗。「感触としては良かったし、攻める相撲を取れた。いろんな相撲を取って、体の張りをつくりたい」と意気込んだ。

合同稽古は新型コロナウイルス禍の中で、場所前に他の部屋の力士と手合わせできる唯一の機会。28日まで4日間実施される。

会員限定記事会員サービス詳細