正論

「下の句」のない公約は欺瞞だ 東洋学園大学客員教授・元空将 織田邦男

公示後初の週末を迎えた衆院選で、繁華街での演説に多数の聴衆が集まった=23日午後7時、大阪市内(恵守乾撮影)
公示後初の週末を迎えた衆院選で、繁華街での演説に多数の聴衆が集まった=23日午後7時、大阪市内(恵守乾撮影)

選挙向けの美辞麗句では

「親思う 心にまさる 親心 今日のおとずれ 何と聞くらん」吉田松陰の辞世の句である。誰が何を言おうが自分が正しいと思えば行動に移し、至誠を貫き通した松陰は、江戸末期の動乱期に多くの若者に思想的影響を与えた。

織田邦男氏
織田邦男氏

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 「大山鳴動で何もなし」上等やんけ!

  3. 【産経抄】1月20日

  4. 【主張】中国の北朝鮮擁護 暴走の利用は許されない

  5. 【正論】首相は「精神のインフラ」外交急げ 日本大学教授・先崎彰容

  6. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  7. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  8. 【主張】蔓延防止措置拡大 社会経済活動の維持図れ

  9. 【浪速風】小説顔負けのスパイ疑惑

  10. 【石平のChina Watch】「歴史決議」で見えた習主席の限界