台湾の外交部長 東欧へ出発 中国対抗で協調

呉釗燮外交部長(田中靖人撮影)
呉釗燮外交部長(田中靖人撮影)

台湾の外交部(外務省に相当)は25日、呉釗燮(ご・しょうしょう)外交部長(外相)が東欧スロバキアに向けて出発したと発表した。呉氏はチェコも訪問する。

呉氏は出発に当たり旧チェコスロバキアで共産政権を倒した1989年のビロード革命に触れて「台湾はチェコとスロバキアと同様に自由と人権、法治を渇望している」と述べ、台湾統一圧力を強める独裁国家、中国への対抗で協調していく考えを表明した。

呉氏はスロバキアのシンクタンクが主催する国際会議で演説するほか、チェコでは昨年8~9月に訪台したビストルチル上院議長らと会談する。(共同)