大竹、笑顔で現役に別れ 記者会見で20年間を総括

会見に臨む巨人・大竹寛=東京ドーム(中井誠撮影)
会見に臨む巨人・大竹寛=東京ドーム(中井誠撮影)

今季限りで現役を引退する巨人の大竹寛投手(38)が25日、東京ドームで記者会見し、20年間のプロ生活を「野球をずっとやっていたい。勝ちたいという気持ちは常に持っていた。それがここまで続いた要因かな」と振り返った。今季は春先から右膝に異変を感じており、10月に入って引退を決断したという。

2002年に埼玉・浦和学院高からドラフト1巡目で広島に入団。12年間プレーし、14年にフリーエージェント(FA)で巨人に移籍した。

通算成績は376試合に登板し、102勝101敗17セーブ、防御率3・77。大のラーメン好きとあって、通算の敗戦数にかけて101杯のカップ麺を報道陣にプレゼントした。「自分から野球を取ったら、休みの前にお酒を飲んで、ラーメン食べて、寝るくらいしかやっていない。やりたいのは野球だったんだな」と言葉に実感を込めた。

会員限定記事会員サービス詳細