1両まるごと貸し切り「伊予灘ものがたり」来春刷新

3両編成となる伊予灘ものがたり」のイメージ(JR四国提供)
3両編成となる伊予灘ものがたり」のイメージ(JR四国提供)

愛媛県の松山市-大洲市・八幡浜市間を走るJR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」が来春、リニューアルする。車両を一新するほか、現在の2両編成を3両編成に。うち1両は特別感満点の貸し切りグリーン個室(ラグジュアリールーム)となる。

「伊予灘ものがたり」のデザインについて説明するJR四国の松岡哲也さん
「伊予灘ものがたり」のデザインについて説明するJR四国の松岡哲也さん

「陽華(はるか)の章」を増設

伊予灘ものがたりはレトロ・モダンをコンセプトに和洋折衷のデザインを取り入れた観光列車として、平成26年7月にデビューした。

車窓に伊予灘が広がる景観と地元レストラン提供のグルメに加え、沿線の人たちが手を振る「お手振り」と呼ばれる温かいもてなしの風情が評判となり、県外や海外から訪れる観光客の利用も多く、新型コロナのパンデミックが始まる前まではほぼ満席の予約状況が続いていた。

コロナ禍によって、予讃線の利用は以前の2~3割へと大幅に落ち込んだが、伊予灘ものがたりは今年4-9月期で予約率66%と健闘している。

車両には伊予灘の夕景をイメージし、1号車が「茜(あかね)の章」、2号車は「黄金(こがね)の章」と愛称がつけられている。運行は金曜日~月曜日を基本に1日4便。松山-伊予大洲(運賃1970円、食事は別)、松山-八幡浜(運賃2300円、同)を1便ずつ往復し、いずれも瀬戸内海に面した無人駅「下灘駅」に10分程度停車する。

来春からは車両が現在の「キハ47系」から「キハ185系」となり、外装のデザインを継承しつつ、鏡面に近い光沢のある塗装が施される。増設する1両は3号車となり、愛称は「陽華の章」。2~8人で利用することができる。

JR四国のデザインPT担当課長、松岡哲也さんによると、新車両は香川県の多度津工場で現在、改装中。同列車の運行開始当時から、サービスに必要なスペースが手狭で車両を増やせないかと、増設の構想があったという。「皆さまに愛され更新することができる。幸せな車両です」と松岡さんは話す。1、2号車は1人当たりの専有面積が広くなり、3号車には夕日が映り込む大型のテーブルを配置し、海との一体感を演出するという。

夕日が映り込む大きなテーブルを配した3号車「陽華の章」の車内パース画(JR四国提供)
夕日が映り込む大きなテーブルを配した3号車「陽華の章」の車内パース画(JR四国提供)

料理は砥部焼で提供

観光列車での大きな楽しみは食事。地元食材にこだわるレストラン4店がそれぞれの運行時間帯に合わせたグルメを提供しており、食器は伝統工芸品・砥部焼(砥部町)を使用している。コーヒーカップ、ティーカップなど食器は女性7人で構成する作家グループ「とべりて」の作品を採用し、作家ごとに異なる絵付けを楽しむことができる。

とべりての白石久美さん(大西陶芸)は「7年間、追加のときは必ず新作を求められ、私たちも刺激を受けた。車内で使われる食器なので安全でなければいけないので、そこに気を付けています」と話す。

とべりての代表を務める山田ひろみさん(きよし窯)は「リニューアルしても器づくりをさせていただけるので、本当に感謝しています」と話し、砥部焼PRの一端をこの列車が担っていることを指摘した。

砥部焼の女性作家グループ「とべりて」の山田ひろみさん(手前右)と白石久美さん(同左)
砥部焼の女性作家グループ「とべりて」の山田ひろみさん(手前右)と白石久美さん(同左)

「世界に自慢できる」

伊予灘ものがたりのアテンダントとして直接、乗客に接している加藤舞さんは、お手振りなど地域のもてなしに感動したという乗客の声が多く寄せられていると強調。加えて、「砥部焼や、レストランのこだわりの詰まった食事に満足していただき、伊予灘の海の風景を楽しんでもらっています」と魅力を紹介した。

JR四国常務で鉄道事業本部長の長戸正二さんは「沿線では住民の皆さんが手を振ってくださる。こちらからお願いしたわけではなく、毎回、本当に自発的に。こんなのは、ここにしかないです。世界に自慢できます」と地域の人たちへの感謝を述べた。

来年4月から運行を予定している3両編成「伊予灘ものがたり」の座席レイアウト(JR四国提供)
来年4月から運行を予定している3両編成「伊予灘ものがたり」の座席レイアウト(JR四国提供)

アフターコロナを見据え、「もうすぐその時代がくると思う。来年春に向けてこのチームで体制を整えていきたい」と述べ、観光列車が厳しい状況のローカル鉄道にあって、未来を切り開くための一筋の光ととらえる。「4月の早い段階で運行を始めたい」と話した。

リニューアル後の伊予灘ものがたりは全車特急・グリーン料金となる。1、2号車は、松山-伊予大洲3670円、松山-八幡浜4000円の予定。3号車のグリーン個室は2万8000円。乗車の1カ月前から全国のみどりの窓口などで販売する。(村上栄一)

  • ■心温まる「ことば」を新装 伊予鉄道の路面電車

    松山市街地を走る伊予鉄道の路面電車に書かれている心温まる言葉が8月、10車両のうち2車両でリニューアルされた。松山市などが昨年度、10年ぶりに実施した「だから、ことば大募集」の入選作で、新型コロナウイルスが蔓延する困難な時代だからこそ、言葉の大切さを伝えたいとの願いが込められ、毎日走っている。

  • ■踏切で立ち往生のシニアカー、衝突までの35秒

    香川県観音寺市で8月下旬、シニアカー(ハンドル形電動車いす)に乗っていた女性(75)が踏切を横断中、特急列車にはねられ、死亡する事故が発生した。運転免許がなくても乗れるシニアカーは高齢者の生活の足として普及している。事故はなぜ起きたのか。