衆院選兵庫4区 候補者の横顔

19日に公示された衆院選で、兵庫県内は12選挙区に計38人が立候補。新型コロナウイルス対策などをめぐり、激しい論戦が続いている。各候補の政策や人柄などを選挙区ごとに紹介する。(届け出順)

今泉真緒氏(立新)

子供の頃から科学技術に対する関心が深く「科学と未来を軽視した政治に終止符を打つ」との思いで政治家を志した。政府の新型コロナウイルス対応を「一貫性がなく、根拠も説明されない場当たり的な対応が今日の『コロナ危機』を引き起こした」と批判する。

元日本科学未来館職員。展示作品の企画から運用まで全般的な業務を担う「キュレーター」を務めた。政府のコロナ対応では「複数の科学的根拠に基づいた総合的な見通しを発信すべきだ。今は(国民が)判断根拠とする見通しが示されていない」と主張する。

赤木正幸氏(維新)

大学進学時、「面白い世の中にしていきたい」と考えたことが政治家を目指したきっかけという。IT会社を経営しており、経済を成長させて働く世代の所得増を訴える。

物事を始める際のスタンスは「思いついたときにやる」。経営者という立場から平日、休日を問わず仕事をするといい「仕事が趣味のようでよろしくない」と自虐気味に笑う。

心からの「息抜きは猫」で、白いペルシャ猫とボンベイ種の黒猫を1匹ずつ飼っている。誕生日の2月22日は「猫の日」という縁もある。

藤井比早之氏(自前)

平成24年の衆院選で初当選し、菅義偉政権では内閣府副大臣として新型コロナウイルスのワクチン接種を進めた。国民全体のワクチン接種が進んでいる現状に手応えを感じ、「よくぞここまできたな」と振り返る。100年ほど前にスペイン風邪が流行した際の政府対応の記録が参考になったという。

単身赴任先の東京と家族がいる兵庫と2拠点の生活の中、スマートフォンを使った家族とのテレビ電話が息抜き。中学1年の長女と小学5年の長男の成長を感じられるひと時で、会えない時間を埋めている。

■衆院選兵庫1区 候補者の横顔

■衆院選兵庫2区 候補者の横顔

■衆院選兵庫3区 候補者の横顔

■衆院選兵庫5区 候補者の横顔

■衆院選兵庫6区 候補者の横顔

■衆院選兵庫7区 候補者の横顔

■衆院選兵庫8区 候補者の横顔

■衆院選兵庫9区 候補者の横顔

■衆院選兵庫10区 候補者の横顔

■衆院選兵庫11区 候補者の横顔

■衆院選兵庫12区 候補者の横顔