銀5の男子・水鳥監督「選手の頑張り想像超えた」 世界体操閉幕

世界選手権を終え、記念撮影する(前列左から)橋本大輝、内村航平、村上茉愛、平岩優奈ら=北九州市立総合体育館
世界選手権を終え、記念撮影する(前列左から)橋本大輝、内村航平、村上茉愛、平岩優奈ら=北九州市立総合体育館

北九州市で開催されていた体操の世界選手権が24日、閉幕した。日本の獲得メダルは男子が種目別鉄棒の橋本大輝(順大)など銀5個。女子は床運動の村上茉愛(まい)=日体ク=の金など金2、銅1の3個と健闘が光った。

男子代表の水鳥寿思監督は東京五輪から2カ月強という試合間隔の短さに触れ、「選手はよく調整して頑張ってくれた。ここまでやり切ってくれるとは、想像を超えていた」と総括した。

五輪2冠の橋本については、疲労が残る厳しいコンディションだったにも関わらず、個人総合のつり輪で向上を見せ、重圧の掛かる場面での鉄棒で15点台をそろえるなど内容を評価した。

海外勢については「五輪が終わった時より中国の強さをさらに感じた」という。中国は21歳の張博恒が個人総合を制し、種目別でも3つの金メダルを獲得した。パリ五輪に向けて、来季から新たな採点ルールが採用される。水鳥監督は「選手は(系統の違う)技の引き出しを設けていかないといけない」と強化のポイントを語った。

会員限定記事会員サービス詳細