「失敗恐れず挑戦を」 阪神、最終戦へ気持ち高める

全体練習を見つめる阪神の矢野燿大=10月25日、甲子園球場(水島啓輔撮影)
全体練習を見つめる阪神の矢野燿大=10月25日、甲子園球場(水島啓輔撮影)

セ・リーグで2位の阪神は25日、甲子園球場の室内練習場で全体練習を行い、レギュラーシーズン最終戦となる26日の中日戦に向けて調整した。

チームは引き分けを挟んで4連勝中で、首位ヤクルトとはゲーム差なしの大接戦。ヤクルトに優勝へのマジックナンバー「2」が点灯しているが、阪神は最終戦も勝利で締めくくれば、2試合多く残しているヤクルトに重圧をかけることができる。矢野監督は「ここまで全員でよく戦ってくれた。俺らの野球、タイガースの野球を貫くのも、勝つのと同じぐらい大事にしたい。失敗を恐れず挑戦してほしい」と選手への期待を語った。

26日の予告先発はリーグ最多の13勝を挙げている青柳。指揮官は「メンタル的な部分はいいものをもっているし、最後に投げるのにふさわしい年にしてくれている。ヤギ(青柳)らしくしっかり投げてくれたらいい」と信頼してマウンドを託す。

今夏の東京五輪にも日本代表として出場した青柳は「今年の集大成を今年一番のピッチングで締められるように頑張る」と気持ちを高めていた。

会員限定記事会員サービス詳細