「香港頑張れ」走者を阻止 マラソン、警察着替え要求

24日開かれた香港マラソン大会を警備する警察官ら(ロイター=共同)
24日開かれた香港マラソン大会を警備する警察官ら(ロイター=共同)

香港で24日に開催された「香港マラソン」で、多くの走者がシャツに「香港加油(頑張れ)」のプリントがあったことを理由に、警察に着替えを要求されたり、出場を認められなかったりした。25日付の香港紙、明報などが報じた。

「香港加油」は、2019年の香港政府への抗議デモ参加者らが盛んに叫んだ言葉で、マラソン大会で禁じられていた「政治スローガン」と判断されたとみられる。

報道によると、シャツを裏返しにしても出場を認められなかったケースもあった。脚に「香港加油」と入れ墨をしていたランナーは、ばんそうこうで隠して出場を認められたという。

香港マラソンは昨年、新型コロナウイルス流行の影響で開催されなかった。今年の大会は約1万6千人が参加。(共同)