御朱印巡り

信玄が信州から移す 東日本最大級の本堂や源頼朝像も 甲府市 甲斐善光寺

本堂が東日本最大級の甲斐善光寺=甲府市(平尾孝撮影)
本堂が東日本最大級の甲斐善光寺=甲府市(平尾孝撮影)

戦国武将、武田信玄ゆかりの甲府市内の寺社仏閣として、武田神社と並ぶのが、甲斐善光寺だ。武田家滅亡後も徳川家康らの手厚い保護を受け、江戸時代には浄土宗甲州触頭を担った。伽藍(がらん)は一度消失したものの、江戸時代に再建された現在の本堂は東日本最大級だ。宝物館には、重要文化財や教科書にも写真が載る源頼朝像などが収納され、歴史を感じさせる場所だ。

甲斐善光寺は、武田信玄が、川中島の戦いで長野の信濃(信州)善光寺が焼けるのを恐れて、本尊(善光寺如来)や寺宝、僧侶ごと甲府に移し、永禄元(1558)年に創建したのが始まりだ。武田氏滅亡により、本尊は転々としたのち、慶長3(1598)年に、信濃善光寺に戻り、甲斐善光寺では新たに前立仏を本尊とした。

江戸時代に消失、再建された撞木(しゅもく)造りの本堂(金堂)は東西約38メートル、南北約23メートル、高さ約26メートルの堂々としたものだ。この再建には約30年要したことから、工事の遅延を意味する「善光寺普請」の言葉が生まれたという。天井には巨大な龍が2匹描かれている。この部分はつり天井で、手をたたくと多重反響で共鳴が起きる「鳴き龍」。鳴き龍として日本一の規模とされる。

最近、甲斐善光寺が注目されたのは収蔵する「木造源頼朝坐像」だ。かつての教科書に載せられた頼朝の肖像画は京都市の神護寺のものであったが、別人の可能性が指摘された。甲斐善光寺の頼朝像が最古のものとされ、現在の教科書ではこちらが使われている。