参院静岡補選

立・国推薦の山崎氏初当選、自民候補ら2氏破る 野党系が議席奪取

参院静岡選挙区の補欠選挙で当選が決まり、万歳する山崎真之輔氏(右から2人目)=24日夜、静岡市
参院静岡選挙区の補欠選挙で当選が決まり、万歳する山崎真之輔氏(右から2人目)=24日夜、静岡市

24日に投開票された参院静岡選挙区補欠選挙は、無所属新人の元静岡県議、山崎真之輔氏(40)=立憲民主、国民民主両党推薦=が初当選を確実にした。自民党公認の元御殿場市長、若林洋平氏(49)=公明党推薦=と、共産党公認の党県常任委員、鈴木千佳氏(50)の新人2氏を破り、自民から議席を奪取。これで静岡選挙区選出の参院議員4議席のうち、与党の自民は1議席のみとなる。

静岡補選は、自民の岩井茂樹氏が6月の知事選出馬に伴い辞職したことによるもの。岸田文雄内閣で初の国政選で、衆院選(31日投開票)も重なり、岸田首相が若林氏の応援演説に2度入ったほか、終盤には立民の枝野幸男代表と国民の玉木雄一郎代表が並んで山崎氏の応援演説を行うなど、与野党が総力戦を展開した。さらに、自民陣営が大敗した知事選の「延長戦」と位置づけた川勝平太知事も山崎氏の応援に参戦。一大政治決戦となっていた。結果は、衆院選の行方にも影響を与えることになる。

国政選が重なったことで有権者の関心も高まったとみられ、期日前投票所には行列ができる事態になっていた。