競泳男子の萩野が現役引退「悔いはない」 リオ五輪金メダル

記者会見で現役引退を発表し、花束を手に笑顔の競泳男子の萩野公介=24日、東京都内
記者会見で現役引退を発表し、花束を手に笑顔の競泳男子の萩野公介=24日、東京都内

2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(27)=ブリヂストン=が24日、東京都内で記者会見を開き、現役引退を発表した。終始晴れやかな表情で、「悔いはありません。弱い部分もさらけ出しながら、自分はこういう人間だと泳ぎながら表現していた。僕としてはかっこいい競泳人生だったと思う」と振り返った。

今夏の東京五輪が最後のレースになった。大会前から引退を決めていたといい、6位入賞した男子200メートル個人メドレーは「競泳人生で唯一、自分の人生を思い返しながら泳ぐ時間だった。心の底から泳いできてよかったと思った」とほほ笑んだ。今後は大学院への進学を目指しながら、スポーツに関する仕事にも挑戦する。

栃木県出身。栃木・作新学院高3年だった12年ロンドン五輪から3大会連続で五輪出場。リオ五輪後は右肘手術の影響などで不調に陥ったが、五輪の1年延期をプラスに変え、東京五輪代表の座を勝ち取った。