軽石で巡視艇が航行不能 沖縄、冷却装置吸い込み

沖縄県糸満市の沖合約55キロで23日午後6時20分ごろ、中城(なかぐすく)海上保安部(沖縄市)の巡視艇しまぐも(100トン)が射撃訓練中、海中に漂う軽石をエンジンの冷却装置に吸い込み、航行不能になった。海保によると、同じ海域で訓練していた巡視船が曳航(えいこう)し、24日午後1時55分ごろ、沖縄市の港に到着した。しまぐもの乗組員9人にけがはなかった。

軽石は、1千キロ以上離れた小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で生じ、約2カ月かけて鹿児島県・奄美群島や沖縄県の島々に流れ着いたものとみられる。海保は付近を航行する船に注意を呼び掛けている。

奄美群島の喜界島サンゴ礁科学研究所などによると、軽石の大きさは10センチ弱のものが多く、1メートル以上積もった海岸もあり、漁業に影響が出ている。沖縄県でも、南大東島や沖縄本島で見つかっている。