イカは“記憶力”をもち、しかも加齢では衰えない:研究結果

イカの一種であるヨーロッパコウイカが、ある種のエピソード記憶の能力をもつことが研究で明らかになった。しかもどうやら、その記憶力は人間とは異なり年をとっても低下しないというのだ。

先週末の夕食に何を食べたか、あなたは覚えているだろうか。そうした「出来事」に関する記憶は「エピソード記憶」と呼ばれる。そして特定の出来事があった時間や場所を正しく思い出せる能力は、一般に年齢とともに衰えていく。

実は人間だけでなく、イカの一種であるヨーロッパコウイカも、ある種のエピソード記憶の能力をもつようである。しかも、その記憶力は人間とは異なり年をとっても低下しないとする論文が、学術誌『Proceedings of the Royal Society B』のオンライン版に2021年8月21日付で発表された。

「ヨーロッパコウイカは、どこで何をいつ食べたのかを覚えており、その記憶を使ってのちに餌をとるときの決断を下しているのです」と、ケンブリッジ大学の研究者で論文執筆者のひとりであるアレクサンドラ・シュネルは語る。シュネルたちの実験は、マサチューセッツ州ウッズホールにある海洋生物学研究所で実施された。「驚いたことに、イカたちがこの能力を加齢で失うことはありません。筋肉の機能低下や食欲を失うなど、老化を示すほかの兆候が表れていてもです」

イカは「我慢」もできる!?

実はシュネルたちの別の研究について、「Ars Technica」は2021年3月に紹介している。こちらの研究は、ヨーロッパコウイカが「楽しみ」をあとに延ばすことができることを示すものだった。具体的には、イカたちは有名なスタンフォード大学の「マシュマロ実験」(人間の子どもの自制力を試す実験)をイカ向けにつくり変えたものに合格したのである。

この実験は、イカたちが「あまり望ましくない獲物」に甘んじることなく、好物の獲物を手に入れるために少し待つかどうかを調べるものだった。続く学習テストでも、イカたちは優れた成績を残した。自制心と知能との間のこのような関係が、哺乳類以外で認められたことは初めてという。

実験においてヨーロッパコウイカは、2種類の異なる獲物のどちらかを選ばなければならなかった。「キングエビの生の切り身」をすぐに食べるか、あるいは楽しみを先延ばしにして、より好物である「生きたグラスシュリンプ」を食べるか選べるようになっていたのである。

このテストの最中、イカには両方の選択肢が見えている。グラスシュリンプを手に入れる我慢ができなくなった場合は、いつでも待つのをやめて、キングエビを食べられるようになっていた。

さらにヨーロッパコウイカたちには、認知能力を評価するための学習課題も与えられた。まず最初に、褒美である特定の獲物と視覚的なシンボルを関連づけることを学習させる。次に状況を逆転させ、同じ獲物が異なるシンボルに関連づけられるようにした。

結果として、実験の対象となったすべてのヨーロッパコウイカが、より好物の獲物をもらうために待つことができ、最大で50~130秒の遅れを我慢できたという。これはチンパンジーやカラス、オウムなど脳の大きな脊椎動物に匹敵する結果だ。

イカにもある「エピソード的記憶」

今回の新しい研究では、ヨーロッパコウイカに何らかのエピソード記憶(特定の過去の出来事について、いつどこで何が起きたのかに関するコンテクストと共に思い出す能力)があるかどうかに焦点が当てられた。人間はこのような能力を4歳ごろに身に付けるが、このエピソード記憶は高齢になると衰える。