体長1メートルのトカゲ逃走 アパートで放し飼い 岡山

23日午後5時すぎ、岡山市中区に住む男性から「知人の飼っていたトカゲ2匹がいなくなった」と岡山中央署に通報があった。県警が約20人態勢で捜している。署によると、体長1メートルほどの「アルゼンチンテグー」と呼ばれるトカゲの一種と、15センチほどの「フトアゴヒゲトカゲ」とみられる。毒はないが、引っかいたり、かみ付いたりする恐れがあるという。

飼い主は中区原尾島のアパートに暮らす女性で、室内で2匹を放し飼いにしていた。フトアゴヒゲトカゲは19日ごろから姿が見えず、アルゼンチンテグーは23日午前11時ごろに部屋にいないことに気づいた。

静岡県河津町の動物園「iZoo(イズー)」の白輪剛史園長は「動きが素早く気性の荒さには個体差がある。かまれることもあるため、見つけたら近づかずに通報を」と注意を呼び掛けた。