スティーブ・ジョブズの死から10年、わたしたちは“彼の世界”に生きている

アップル創業者のスティーブ・ジョブズが2011年10月5日(米国時間)に亡くなってから10年。いまもわたしたちは“彼の世界”に生きながら、彼が遺したものを整理しているのだ──。あまりに衝撃だった死と、彼と過ごした最後の時間について、『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィが振り返る。

TEXT BY STEVEN LEVY

WIRED(US)

スティーブ・ジョブズの追悼記事は、彼が本当に亡くなってしまうずっと前に書いておくほうが賢明だったことだろう。ジョブズにはあまり時間がないことは誰もが知っていた。

アップルの共同創業者で最高経営責任者(CEO)でもあったジョブズの命が続くことを、アップルでさえもが信じ、そのストーリーに固執していた。しかしその約1年、世界のアイコンとも言える経営者の身体は、まったく別のストーリーを語っていた。ジョブズの身体がこの世に別れを告げ始めていたという事実であり、実際に彼もその事実を悟っていたのである。

わたし自身にとっての彼との最後の時間は、2011年の最初のことだった。当時はインフィニット・ループ1番地にあったアップル本社4階に、ジョブズのオフィスを訪れたときのことである。

ジャーナリスト仲間のジョン・マーコフとわたしは、特にテーマを決めずにジョブズとのミーティングを設定していた。しかし、ジョブズもわたしたちも、それが“終わり”のためであることはわかっていた。週の半ばということもあって何千人もがアップルのキャンパスにいたが、その90分間の会話を中断する電話や訪問者は一度もなかった。まるで彼がすでに幽霊であるかのように。

それにもかかわらず、わたしは追悼記事を事前に書く気にはなれなかった。拒否していたと言ってもいい。だからこそ、2011年10月5日(米国時間)の午後遅くに訃報の連絡を受けたときは呆然とした。何も考える気になれなかったのだ。

それからの4時間、わたしはスティーブ・ジョブズが世に送り出したコンピューターであるMacのキーボードを叩きながら、彼の人生と遺したものについてのストーリーを、その栄光と不運のすべても含め、精いっぱいにつづっていった。

書きたくはなかった追悼記事の最後の段落で、わたしは「スティーブ・ジョブズの遺産は、当分の間理解されることはないだろう」と記した。実際のところわたしたちは、まだそれを整理しているところだと思う。彼のようなリーダー、イノベイター、パーソナリティは現れないことだろう。そしていまも、わたしたちは“彼の世界”に生きているのだ。