衆院選公示後初の週末 党首ら全国で支持訴え

衆院選公示後初の週末となった23日、街頭演説には多くの聴衆が集まった=23日午後、東京都豊島区(納冨康撮影)
衆院選公示後初の週末となった23日、街頭演説には多くの聴衆が集まった=23日午後、東京都豊島区(納冨康撮影)

衆院選は23日、公示後初めての週末を迎え、各党の党首や幹部は全国各地で支持を訴えた。岸田文雄首相(自民党総裁)は佐賀県と福岡県に入った。福岡県大野城市での街頭演説では、新型コロナウイルス対応や経済再開をめぐり「ワクチンによって予防する。検査をしっかりやる。口から飲める治療薬が実用化される。この3つの流れで、平時の社会経済活動を取り戻す」と決意を語った。

立憲民主党の枝野幸男代表は東京都内で街頭演説し、「大企業だけもうかり、日本の豊かさが偏っただけで、皆さんの暮らしや日本の経済がよくなっていないのが、この9年近くの明確な答えだ」と述べ、分配政策や政権交代の必要性を訴えた。

公明党の山口那津男代表は北九州市で街頭演説し、立民、共産両党の共闘に触れ「こんなに不透明で、何をやるか分からない不安定な政権は選択肢の意味をなさない」と批判した。共産党の志位和夫委員長は名古屋市で街頭演説し、首相について「日本をひどくした安倍、菅政治を反省なく引き継いでいる」と非難した。

日本維新の会、国民民主党、れいわ新選組、社民党、NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で、も支持拡大に動いた。

会員限定記事会員サービス詳細