信頼回復の取り組み歓迎 米仏大統領電話会談

(左から)バイデン米大統領(ゲッティ=共同)、フランスのマクロン大統領(ロイター=共同)
(左から)バイデン米大統領(ゲッティ=共同)、フランスのマクロン大統領(ロイター=共同)

バイデン米大統領とフランスのマクロン大統領は22日、電話会談した。米英が支援するオーストラリアの原子力潜水艦導入計画で9月に米仏関係が悪化してから両氏の電話会談は2度目で、信頼回復に向けた取り組みの進展を歓迎した。両国政府が発表した。

両氏は今月末にローマで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の際に対面で会談する予定。

ホワイトハウスによると、米仏間の協力分野を確認し、共通の利益と価値観を強固にするべく協議する。

フランスは米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」の創設でオーストラリアから潜水艦共同開発計画を一方的に破棄され、強く反発。

バイデン氏は9月下旬のマクロン氏との電話会談で、事前にフランスと協議すべきだったと非を認めた。(共同)