速報

速報

共通テスト不正 受験生出頭

コロナ禍で退職後、元の職場に戻る「ブーメラン社員」が急増か 専門家による予測の真実

コロナ禍を機に転職を考え、実際に実行に移した人も少なくないだろう。こうしたなか米国の経営学者は、元の職場への復帰を希望する「ブーメラン社員」の急増を予測する。

TEXT BY NATASHA BERNALTRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(UK)

この2021年の夏、働く人の半数近くが退職について考えたといい、実際に実行に移した人も多かった。オフィスでのフルタイム勤務に戻りたくないという人、別の生き方をしたい人、あるいは完全に燃え尽きてしまった人もいた。

こうした人々が職場から去ったことで雇用市場には空きが生まれ、企業はその穴を埋めようと悪戦苦闘している。ところが、「大退職時代(Great Resignation)」という言葉の生みの親である学者は、元の仕事を取り戻そうとして押し寄せる「ブーメラン社員」たちによって、空席はすぐに埋まるだろうと予想する。

「すぐにそうなるはずです。パンデミック後に自分は何をしたいのか、人間の自然な感情として誰もがその答えを探ろうとしています。いろいろ試してみたいと思う人はたくさんいますが、それが正しいことなのか迷っている人も大勢いるのです」と、テキサスA&M大学准教授で経営学を専門とするアンソニー・クロッツは言う。「そして、こうした人々はある時点で気づくはずです。『ひと休みできて本当によかった。でも、そろそろ仕事に戻ることにしよう』とね」

人々が「元の職場」に戻る理由

クロッツは、ブーメランのように戻ってくる従業員たちによる職場復帰の波が、今後5年間は続くであろうと確信している。復帰の動機は、退職の理由と同じように多種多様なはずだと彼は言う。新しい仕事の「芝生が青くなかった」ことに気づく人や、パンデミックによる「燃え尽き」から回復する人もいれば、かつての雇い主が柔軟な働き方について考え直してくれたから、という人もいるだろう。

「元の職場に戻る人は、この10年でかなり増えています」と、クロッツは言う。「新たな生き方や別の職業の可能性を探ってみたいという理由で、いまもたくさんの人が仕事を辞めています。それがどんな理由であれ、2年後にどう思っているのかは誰にもわかりません」

通勤の再開が嫌で退職した人もいるだろう。ところが、新型コロナウイルスのデルタ変異株の出現により、雇用者側の方針はすっかり変わってしまったとクロッツは言う。

「自分が辞めた3カ月後、会社がリモートワークとオフィス勤務を組み合わせたハイブリッド型の働き方に移行したことを知って驚くことになるのです。その人はこう言うでしょうね、ハイブリッド方式が導入されるなら決して辞めたりしなかったのに、と」

退職後1年から1年半が鍵で

人材派遣会社のSpherionが16年に実施した調査によると、米国では以前の勤務先に戻りたいと思っている人の割合が40%を超えるという。しかし、「復職したい」と口で言うことと実行することは別問題だと、人事コンサルタント会社LACE Partnersの最高経営責任者(CEO)であるアーロン・アルバレイは言う。

「復職に伴うプライドの問題を克服しなければなりません」と、アルバレイは言う。「かつての職場に行って、こう言わなければならないのです。判断を誤った。ここが自分の望む居場所だったんだ。あのときは送別会を開いてくれてありがとう。でも、こうして戻ってきました、とね」