フジツボが貼り付く仕組みを応用、新しい「医療用接着剤」が瞬時に止血するメカニズム

フジツボにヒントを得た接着剤を使って患部を止血する方法を、米大学の研究チームが開発した。医師たちが絶賛するこの新しい手法は、いったいどのようなメカニズムなのか。

TEXT BY MAX G. LEVYTRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

大量出血という現象は、見方によっては“工学的”な問題でもあるらしい。「わたしたちの目には、あらゆるものが機械のように見えます。人間の体さえもです」と、マサチューセッツ工科大学(MIT)で機械工学を研究するリサーチサイエンティストのユク・ヒョヌは言う。「故障したり壊れたりすることもありますが、機械を扱う場合と同じやり方で問題を解決することもできるのです」

この現代において、毎年およそ190万人が失血によって命を落としている。外傷が原因の場合もあれば、手術台の上で亡くなる人もいる。

出血で濡れた体は感染症にかかりやすく、一刻も早い治療が必要だ。ところが、濡れた状態の傷口をふさぐ作業は難しい。そのうえ危険な出血を止めるために使われる一般的な医療製品のほとんどは、効果が出るまでに数分を要する凝血剤の働きに依存している。だが、その数分を待てない患者もいるのだ。

ユクの研究チームはこれまで7年間にわたり、従来とはまったく異なる止血法の開発に取り組んできた。接着剤を使う方法だ。具体的には、フジツボにヒントを得た接着剤を使用する。

ユクによると、フジツボはくっつきにくい面にしっかり貼りつくという難問を、進化の過程で解決してきたのだという。学術誌『Nature Biomedical Engineering』に2021年8月に掲載された論文のなかで彼らは、フジツボに着想を得たこの接着剤がいかに速やかに出血を止めるのかを解説している。

生物の世界にヒント

実験においてユクは、まず広く外科医に使われている製品を使い、心臓や肝臓から出血するラット群への治療を試みた。これは失敗に終わり、出血は続いた。ところが別のラット群に研究チームが独自に開発した油性のペースト剤を使ってみたところ、「まったく同じ状態の傷口を、わずか10秒ほどでふさぐことができたのです」とユクは言う。

この接着剤のおかげでラットたちは生き延び、ユクらと共同で研究を実施しているメイヨー・クリニックのチームの実験対象となったブタたちも命拾いできた。こうしたエビデンスはまだ予備的なものではあるが、人間でも特に血管や心臓、肝臓に障害をもつ外科患者にとっては朗報になる。

「この接着剤に対する印象は『信じられないほど素晴らしい』のひと言に尽きます」と、スタンフォード大学心臓外科のレジデントであるハンジェイ・ワンは言う。ワンはこの研究には参加していない。「とにかくこの状況を切り抜けなければならない…といったとき、特に緊急医療の現場で発生するニーズに間違いなく応えてくれるはずです」

会員限定記事会員サービス詳細