速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

産経抄

10月23日

共産党の志位和夫委員長(酒巻俊介撮影)
共産党の志位和夫委員長(酒巻俊介撮影)

将来的な社会主義、共産主義社会への移行を目指す共産党が、自分たちは中国とは違うと強調していることが気になっている。志位和夫委員長は、18日の日本記者クラブ主催の討論会でも理想を語っていた。「決して、潰れてしまったソ連や中国のような自由も民主も人権もない社会じゃない」。

▼志位氏は今年7月の中国共産党創建100年に当たっても、こう明言した。「中国による東シナ海や南シナ海での覇権主義的行動、香港やウイグルでの人権侵害は、社会主義とは無縁であり、共産党の名に値しない」。中国に対してモノが言えない公明党よりも、よほど毅然(きぜん)としている。

▼とはいえ、共産党ナンバー4の政策委員長を務めた筆坂秀世元参院議員によると、中国共産党とは蜜月と断絶を繰り返してきたのが実態である。志位氏は平成27年11月のテレビ東京番組では、北朝鮮と中国について「リアルの危険があるのではない」と擁護していた。

ランキング

  1. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  2. 【産経抄】1月17日

  3. 【主張】「1・17」と津波 教訓を未来に継承しよう 津波警報に経験は生きたか

  4. 【主張】東大前無差別刺傷 被害者の救済を最優先に

  5. 【解読】「講和条約」70年前と重なる脅威 主権回復へ、ある外交官の警告 ワシントン支局長・渡辺浩生

  6. 【産経抄】1月16日

  7. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  8. 【論説委員 日曜に書く】藤本欣也 「消えない時代」に入った香港

  9. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい

  10. 【産経抄】1月15日