阿蘇ロックフェスが開幕 3年ぶり、噴火も影響なく

「阿蘇ロックフェスティバル」で開幕宣言する泉谷しげるさん(右端)。右から2人目は熊本県の蒲島郁夫知事=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」で開幕宣言する泉谷しげるさん(右端)。右から2人目は熊本県の蒲島郁夫知事=23日午前、熊本県南阿蘇村

熊本県南阿蘇村の野外劇場で23日、歌手の泉谷しげるさんらが出演する「阿蘇ロックフェスティバル」が開幕した。24日まで。新型コロナウイルス禍による中止などを経て、阿蘇地域での開催は3年ぶり。20日の阿蘇山噴火で周辺自治体に緊張が走ったが、影響はないとして予定通り行われ、主催側は来場者に感染対策の徹底を呼び掛けた。

「阿蘇ロックフェスティバル」に集まった来場者=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」に集まった来場者=23日午前、熊本県南阿蘇村

フェスは2014年の阿蘇山噴火の風評被害をなくそうと15年に実施され、16年の熊本地震からの復興応援としても開かれてきた。今回は感染対策で大声禁止。泉谷さんは開幕宣言で「制約が多く申し訳ないが、その分楽しいステージにしたい。応援は心の中で」と呼び掛けた。

受付で無料の抗原検査を実施したほか、マスク着用を義務付け酒類も禁止。来場者は陰性証明のリストバンドを着けてライブを楽しんだ。

「阿蘇ロックフェスティバル」で開幕宣言する泉谷しげるさん(中央)。左は熊本県の蒲島郁夫知事=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」で開幕宣言する泉谷しげるさん(中央)。左は熊本県の蒲島郁夫知事=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」の受付で、抗原検査キットを受け取る来場者=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」の受付で、抗原検査キットを受け取る来場者=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」の会場に張られた感染対策を呼び掛ける案内=23日午前、熊本県南阿蘇村
「阿蘇ロックフェスティバル」の会場に張られた感染対策を呼び掛ける案内=23日午前、熊本県南阿蘇村