禁止区域でアダルト商品販売 中野ブロードウェイの「まんだらけ」を書類送検

押収されたわいせつDVDなど=22日午前、警視庁中野署
押収されたわいせつDVDなど=22日午前、警視庁中野署

営業が禁止されている区域でアダルト商品を販売する店舗を営業したとして、警視庁保安課は22日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、中古の漫画や映像ソフトなどを取り扱う古書店チェーン「まんだらけ」の法務担当役員の男(60)=千葉市=と、法人としての同社を書類送検した。男は「違法であることは認識していたが、安易に考えてしまった」などと容疑を認めている。

保安課によると、禁止区域で営業していたのは複合ビル「中野ブロードウェイ」(東京都中野区)に展開するまんだらけの各店舗の中で、アダルトDVDやVHSを専門に販売していた「まんだらけ中野店 禁書房」。風営法と都の条例では、病院の周囲200メートルの区域内ではアダルトショップの営業ができないと定められているが、同店はその区域内にあるにもかかわらず8月28日に開店して以降、営業を続けていた。

先月1日、中野署に「不健全な店が営業している」などとする匿名の苦情電話があり、保安課などがその後計4回、役員の男に営業の改善を指導したものの従わなかったため、同課は同14日に店内のアダルトDVDなど計約2500点を押収し、捜査していた。

書類送検容疑は先月9日から14日までの間、法令と都条例で定める禁止区域にもかかわらず、アダルト商品を販売する店舗を営業したとしている。

まんだらけは昭和55年、中野ブロードウェイに1号店を開業。マニア向けの商品を多数取りそろえる店として売り上げを伸ばし、ブロードウェイが「サブカルチャーの聖地」と呼ばれるきっかけを作った。同社の辻中雄二郎代表取締役は「警察から指導を受けた後も営業を続けてしまったことについては認識が甘かった。今後は法にのっとり正規の営業を行う」と話している。