支援学校生徒と交際、元担任の女性教諭を戒告 茨城

茨城県庁=水戸市笠原町(鴨川一也撮影)
茨城県庁=水戸市笠原町(鴨川一也撮影)

茨城県教育委員会は22日、県立特別支援学校に通う男子生徒(16)と交際したことは不適切だったとして、同じ学校で元担任の女性教諭(41)を戒告の懲戒処分にした。生徒には軽度の知的障害があった。生徒側から交際を希望したというが、県教委は「倫理性が求められる社会的な立場を考えれば断るべきだった」とし、処分相当にあると判断した。

今年1月に生徒が告白し交際がスタート。LINE(ライン)の通信や食事など連れ立っての外出を重ねた。教諭の車の中でキスをすることもあった。7月に学校近くで一緒にいるところを職員が見かけたことをきっかけに交際が判明した。

教諭は昨年度に生徒の担任を務め、不登校気味だった生徒の相談に乗ることもあった。