あと1勝でワールドS 余裕たっぷりアストロズ 休養を優先

米大リーグのプレーオフ、レッドソックスとのア・リーグ優勝決定戦シリーズで、あと1勝で2年ぶりのワールドシリーズ進出となるアストロズは移動日の21日、全体練習は行わず、休養を優先させた。大舞台の経験者が豊富なだけに、ベーカー監督は「余計な重圧を選手たちにかけるつもりはない。特にアドバイスすることはないよ」と余裕たっぷりだ。

ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズの話題になると「試合の中継を見ていれば、勝つためのヒントがつかめるかも」と笑みを浮かべ、最後まで泰然としていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細