トランプ氏側近訴追を要求 米下院、議会侮辱罪と決議

トランプ前大統領(ロイター)
トランプ前大統領(ロイター)

米下院は21日、トランプ前大統領(共和党)の側近バノン元首席戦略官を議会侮辱罪で刑事訴追するよう司法省に求める決議案を賛成多数で可決した。1月6日の議会襲撃を調査する下院特別委員会が召喚状で命じた証言を、トランプ氏側の求めに応じ拒否したことを問題視した。多数派の民主党全員と共和党9人が賛成した。

今後は司法省が訴追の是非を判断する。訴追を決めた場合、長期の法廷闘争が予想される。

特別委はバノン氏が議会襲撃前にトランプ氏と話したほか、前日には「大混乱が起きる」と述べるなど襲撃を予告するような発言をしていたと指摘。トランプ氏の役割を含めた全容解明にはバノン氏の協力が不可欠として証言を求めていた。

米メディアによると、議会侮辱罪で有罪になれば最大で禁錮1年、罰金は最大10万ドル(約1140万円)が科される。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細