兵庫県警察学校生47人を謹慎処分 未成年が飲酒や喫煙

兵庫県芦屋市にある県警察学校で7月、未成年の初任科生が寮で飲酒や喫煙をしたとして、男女47人が2~3カ月間の謹慎処分を受けていたことが22日、県警関係者への取材で分かった。地方公務員法の条件付き採用期間中で、階級はいずれも巡査。

県警関係者によると、処分を受けたのは高卒枠採用の初任科生。全106人のうち、7月21~24日に未成年の生徒33人が1~5人ずつのグループで、寮の相部屋などで酒を一口から缶数本分飲んだほか、同11~27日にはうち8人が喫煙もした。またこの間、一緒にいた成人の生徒14人が未成年に酒やたばこを提供、容認していた。

県警は8月17日付で飲酒のみの生徒を謹慎2カ月、両方の生徒を同3カ月の処分とするなどした。平日の授業は継続して受けているため、来年1月予定の卒業に影響はない。