シリアの米軍駐留拠点に攻撃

内戦が続くシリア南部の米軍駐留拠点に20日、無人機やロケット弾による攻撃があった。AP通信が伝えた。米兵に負傷者はいないもよう。現場周辺はシリア、イラク、ヨルダン3カ国が国境を接する戦略上の要衝。6月にはシリア東部デリゾール近郊の米軍駐留拠点に対し、親イランの民兵組織によるとみられるロケット弾攻撃があった。シリアの首都ダマスカスでは20日、軍の車両が爆発して少なくとも兵士14人が死亡した。(カイロ 佐藤貴生)