持続化給付金を詐取 自営業の男逮捕

新型コロナウイルス対策として個人事業主らに給付される持続化給付金をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは、詐欺の疑いで、住所不定、自営業、寒河江(さかえ)圭佑被告(36)=別の詐欺罪で公判中=を逮捕した。「不正ではないと思っていた」などと容疑を否認している。

サイバー犯罪対策課によると、寒河江容疑者は昨年6~8月、親族や知人などの20~40代の男女15人を勧誘してその名義を用い、個人事業主を装って虚偽申請を行っていた。詐取した額は計1500万円に上り、うち手数料として計約350万円を各名義人から回収していたという。

逮捕容疑は、昨年6月22日、兄の名義を使い、収入が減った個人事業主を装って中小企業庁に持続化給付金を申請し、同30日、兄の口座に現金100万円を振り込ませたとしている。