「情勢緊迫‼」 自民が通達、候補引き締め図る

自民党の甘利明幹事長
自民党の甘利明幹事長

自民党は21日、甘利明幹事長と遠藤利明選対委員長の連名で「情勢緊迫 一票一票の獲得に全力を‼」と題する通達を衆院選の自民候補者に出した。候補者の引き締めを図る狙いがあるとみられる。

通達では「マスコミ各社が一斉に序盤情勢に関する報道をしている。全国各地で多くのわが党候補者が当落を争う極めて緊迫した状況にあると認識している」と指摘。野党共闘が多くの選挙区で行われていることに触れ「かえってこの選挙が『(自公の)自由民主主義政権』か『共産主義(が参加する)政権』かの態勢選択選挙であることが有権者の目に鮮明になっている」と強調した。

その上で「選挙にかかる全て運動に全身全霊で取り組み、一分一秒をおろそかにせず、残りの選挙戦を戦い抜くようお願い申し上げる」と呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細