小平「今の自分確かめる」 距離別スケートきょう開幕

小平奈緒
小平奈緒

来年2月に北京冬季五輪を控えるスピードスケートの国内開幕戦、全日本距離別選手権は22日から長野市エムウェーブで行われる。21日は出場選手が会場で調整し、女子500メートルで前回平昌五輪覇者の小平奈緒(相沢病院)は「集中して、まずは自分が今持っているものを確かめたい」と抱負を語った。

先週末の記録会では37秒台後半と上々の仕上がり。22日の500メートルへ「体の準備が徐々にでき、それより速いタイムで滑れるのでは」と自信をのぞかせた。

女子の高木美帆(日体大職)は世界記録を持つ1500メートルなど複数種目で金メダルを期待される。「五輪シーズンがとうとう幕を開ける。やってきたことをレースにぶつけ、勢いよく攻めていきたい」と意気込んだ。男子短距離のエース、新浜立也(高崎健康福祉大職)は「最善を尽くし、少しでも良い状態で臨みたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細