抱き締めたたえ合う ショパンコンクール入賞の2人

ショパン国際ピアノ・コンクールの最終結果発表後、小林愛実さんと抱き合う反田恭平さん(手前)=21日、ポーランド・ワルシャワ(共同)
ショパン国際ピアノ・コンクールの最終結果発表後、小林愛実さんと抱き合う反田恭平さん(手前)=21日、ポーランド・ワルシャワ(共同)

ポーランドの首都ワルシャワで開催された「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール」で、反田恭平さん(27)と小林愛実さん(26)が入賞を果たした。子供の時に同じピアノ教室に通っていた2人。21日の審査結果発表後、静かに見つめ合うと、どちらからともなく歩み寄り、抱き締め合って互いをたたえた。

日本人としては約50年ぶりに2位入賞という快挙を成し遂げた反田さんは、18日の本選で情感あふれる演奏で会場を魅了した。演奏後は拍手が鳴り響いた。

4位の小林さんは「仲のいい近所のお兄ちゃんと一緒にショパンコンクールに出て、お互いにファイナルステージに行けるなんて、こんな光栄なことはない」。20日の本選での演奏後、感慨深そうにこう話した。(共同)

■ショパンコンクールに日本人2人入賞 反田さん2位、小林さん4位