速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

産経抄

10月20日

地方公務員は大変だ。しばしば判断に迷う場面に遭遇する。たとえば親しくしている営業担当者から義理チョコを渡された。受け取っていいものか。倫理規定上、利害関係者からの贈与は禁止行為だが、例外もある。

▼一般に広く配布されている記念品・宣伝用物品、つまり〇〇記念のボールペンや社名入りのカレンダーなら認められる。残念ながら市販のチョコレートはアウトだった(『「義理チョコ」はセーフですよね? こんなときどうする?地方公務員のコンプライアンス』(鵜養幸雄著)

▼とはいえ静岡県熱海市の盛り土について、県と市の職員に迷う余地はなかったはずだ。市内を流れる逢初川の最上流部の土地を所有する不動産管理会社は10年前、盛り土に木くずを埋めるなどの問題行為を繰り返していた。その高さは届け出書の記載を大幅に上回ってもいた。

ランキング

  1. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  2. 【産経抄】1月17日

  3. 【主張】「1・17」と津波 教訓を未来に継承しよう 津波警報に経験は生きたか

  4. 【解読】「講和条約」70年前と重なる脅威 主権回復へ、ある外交官の警告 ワシントン支局長・渡辺浩生

  5. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  6. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい

  7. 【産経抄】1月16日

  8. 【主張】東大前無差別刺傷 被害者の救済を最優先に

  9. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  10. 【論説委員 日曜に書く】藤本欣也 「消えない時代」に入った香港