卑弥呼論争に一石 統治は纒向、擁立は九州・吉備中心

纒向遺跡で発掘された大型建物跡。卑弥呼の宮殿かと話題を集め、現地説明会には多くの歴史ファンが詰めかけた=奈良県桜井市、平成21年11月
纒向遺跡で発掘された大型建物跡。卑弥呼の宮殿かと話題を集め、現地説明会には多くの歴史ファンが詰めかけた=奈良県桜井市、平成21年11月

古代史最大の謎として江戸時代から続く邪馬台国(やまたいこく)の所在地論争。「女王・卑弥呼(ひみこ)は、北部九州や吉備(岡山)を中心とした勢力によって擁立され、奈良・纒向(まきむく)遺跡を首都として国を治めた」との説が打ち出された。有力候補地の纒向遺跡(奈良県桜井市)などを調査してきた寺沢薫・桜井市纒向学研究センター所長が、県内で行われた講演会で披露した。「卑弥呼は纒向にいたとしか考えられない」としながらも、九州勢力の関与を指摘。「畿内VS九州」という二者択一ではない、新たな見解に注目が集まる。

>「最も掘りたい古墳」卑弥呼の箸墓に迫った2メートル

 

文献研究では限界も

寺沢さんは講演会の冒頭、「かつて『考古学者は邪馬台国に足を突っ込むな。あれは文献の世界だ』と言われた」と振り返り、「文献では、江戸時代以来300年にわたって研究されても結論は出ていない。考古学的な視点が必要」と述べ、近畿や山陰、瀬戸内、九州各地の遺跡の状況を示しながら、考古学の立場から解説した。

魏志倭人伝には、女王・卑弥呼が誕生した経緯や、中国との外交について年代も含めて詳細に記されている。

記述によると、倭国では長年、各地の勢力が互いに争っていたが、2世紀末頃に卑弥呼を共立。卑弥呼は239年に中国の魏に使者を送り、銅鏡百枚などを下賜(かし)され、「親魏倭王」の称号と金印が授けられた。248年ごろに亡くなり、大きな塚(古墳)を造ったと記す。

ランキング

  1. はやぶさ2試料 来春にも歴史塗り替える発表

  2. 群馬で30人感染 工場のクラスター拡大

  3. 超小型衛星、折り畳みパネルの展開に成功 大阪府立大など開発

  4. 関七段が天元奪取、プロ4年8カ月の史上最速

  5. 新型コロナ、東京で新たに7人感染

  6. 【経済インサイド】コロナもきっかけ 米国で温水洗浄便座販売が急増

  7. <独自>朝鮮学校補助金 下げ止まり 令和2年度2・1億円 見直し機運低下

  8. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  9. 愛子さま、ティアラ着用のドレス姿ご披露 両陛下への成年のごあいさつ終え

  10. 【性ホルモンを学ぶ】①その不調、男性更年期障害かも 夫婦で知りたいチェックリスト