ビットコインETF米上場 投資家層が拡大、5%高

ビットコインを模した「硬貨」(ロイター=共同)
ビットコインを模した「硬貨」(ロイター=共同)

代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引が19日、ニューヨーク証券取引所で始まった。投資家層が広がり、ビットコイン相場が上昇するとの期待から買われ、基準価額は開始時と比べ5%近く高い41・94ドルで終えた。

米メディアによると、米証券取引委員会(SEC)が上場申請を承認した初のビットコインETFとなる。運用を手掛ける米プロシェアーズのサピア最高経営責任者(CEO)は「証券会社に口座を持ち、株式やETFの購入に慣れている投資家に、ビットコインへの投資機会を提供する」と意義を強調した。

調査会社コインデスクによると、仮想通貨の取引所からデジタル資産を直接買うのと比べ、ETFによる取引は安全性が高いという。(共同)