フォト特集

松坂、5度宙に 拍手に包まれグラウンド一周

西武ー日本ハム 試合後、チームメートらに胴上げされる西武・松坂大輔=メットライフドーム(撮影・加藤圭祐)
西武ー日本ハム 試合後、チームメートらに胴上げされる西武・松坂大輔=メットライフドーム(撮影・加藤圭祐)

プロ野球西武の松坂大輔投手(41)は19日、埼玉県所沢市のメットライフドームで引退試合のマウンドに上がった。右手にしびれがあり、万全ではない状態で最後の力を振り絞った。神奈川・横浜高の後輩の近藤健介外野手(日本ハム)に3ボール1ストライクから投じた5球目の116キロが内角に外れて四球となり登板を終えた。「グラウンドに出た瞬間のファンの皆さんの拍手に感動した」と感慨深げに話した。

ギャラリーページで見る

試合終了後はファンの拍手に包まれながらグラウンドを一周。マウンドで片膝をついて右手でプレートに触れると涙を浮かべ「これまで投げてきたマウンドに対し、ありがとうございましたという思いを伝えさせてもらった」と話した。最後は西武ナインと日本ハムの横浜高出身の選手らに胴上げされて5度宙を舞った。



会員限定記事会員サービス詳細